双方向のライブ授業が受けられること

オンライン授業となると、どうしても講師による一方向の配信に偏りがちです。しかし、それでは生徒が置き去りにされてしまい、授業でわからないことはその場で質問しなければ医学部の受験対策はままならないことがあります。そこで、医学部の予備校選びでは、双方向でのライブ授業を受けられるかどうかが選択基準となります。双方向のライブ授業であれば、わからないことをすぐに講師に質問することができるので、学習をスムーズに進められます。また、ライブ授業でも少人数制なので、ゼミナール形式で授業が進んでいきます。医学部受験では勉強の質を高めることが何より大切なので、少人数制によるライブ授業で実力をつけていくことが医学部合格へのカギを握るのです。

個人指導のライブ授業があること

ライブ授業に加えて個別指導を受けられることが、予備校選びの基準となります。ライブ授業でも双方向のやり取りが可能ですが、やはり生徒としてはわからないところはじっくりと指導を受けたいという欲求があることでしょう。そこで、オンラインでの個別指導を併用することで、それぞれの学習の進捗状況に合わせたきめ細やかなサポートを受けられるような体制となっています。本気で医学部合格を勝ち取るためには、一つ一つの問題をクリアしていく必要があります。そのために、個別指導は医学部予備校では必須です。医学部予備校では、個別指導にて生徒一人ひとりに合わせた受験対策が行われます。そこで、弱点を克服していくことで、飛躍的に学力を伸ばすことができるのです。