ライブ授業を受けたい場合

授業を受けるスタイルは大きく分けて2つあります。1つはライブ授業であり、もう1つは映像授業です。どうしても先生に前で授業をしてほしいと思うならライブ授業を受けることです。ライブ授業のメリット、デメリット、予備校を選ぶ基準について伝えていきます。

映像授業を受けたい場合

予備校にはライブ授業だけでなく映像授業もあります。その予備校のトップ講師の授業をビデオや衛星中継を使って受ける授業全般のことをいいます。どの地域に住んでいてもクオリティの高い授業を受けられます。そのメリット、デメリット、その予備校を選ぶ基準について伝えていきます。

映像授業のメリット

医学生にとって映像授業の大きなメリットは、有名講師の話を映像として聞くことができる点だとされています。有名講師の話は直接講義で聞きたいという人も少なくありませんが、都会の予備校であれば可能であって…

映像授業のデメリット

医学部の予備校で映像授業を利用する際のデメリットとして言われているのが、自己管理の難しさです。映像授業は、自分の好きなタイミングで繰り返し内容を確認することができるというメリットがあります。ただそ…

映像授業の予備校を選ぶ基準

予備校のタイプとして目の前にいる講師の授業を受けるライブ授業があります。しかし人気の講師の授業だと受講希望者が多くて受講できないときもあり、地方に住んでいる人だと通学そのものができません。ライブ授…